2009年04月15日

やさしい気持ち

   おてて〜ペロ・・・

先日、いつものお散歩のときに立ち寄る公園で、お友達とジャングルジムで遊ぶ1人の少女に出会いました。

小学校の2年生くらい?でしょうか・・・・・。

わあ〜ワンちゃんだあ〜♪と、ウイリアムのそばに来て、「かわいい〜かわいい〜抱っこさせてもらえないでしょうか?」と私に尋ねます。

実は、ウイリアムは、とってもこどもちゃんが苦手です。(抱っこされるとかなり暴れます!顔(汗)そして、吠えます・・・)膝蓋骨脱臼もあり、抱き方には注意が必要なため、ごめんね・・アンヨがあまり丈夫ではないの・・・それと体調があまり良くないから元気になったら抱っこしてね・・・と断りました。(本当は、アンヨの調子もハートの調子も安定しています・・・。)

そしたら、その一人の少女は、「え?どこが悪いのですか?」とウイリアムのお顔を何度も何度もそっとなで、ウイリアムと私を見つめ尋ねます。


「その病気は治るの?お薬飲んだら治るの?」

「手術はできないの?」

「動物病院はお近くですか?先生に、手術してくださいって一緒に行ってお願いしにいく・・・。」

「お金・・・あるよ・・・」って、ポケットからとりだした銀色と銅に光るコインが数枚・・・。

聞けば、ラブラドールと一緒に生活していたとのこと・・・。闘病中だったこと・・・。
そして、そのこが天寿を全うし、お空に昇ってしまったこと・・・。
その時、どれだけ悲しかったか・・・。さびしかったか・・・どんな気持ちでいたか・・・いっぱい、いっぱい話してくれます。

そしてその少女には、妹ちゃんがいて現在、病気と闘って入退院を繰り返していること・・・。

お家に帰っても、ママは妹につきっきりで病院にいるので、本当は自分もいっぱいママに甘えたいけれど、妹の方が病院でさびしくってつらい思いをしているのだから、自分は我慢しているんだってこと・・・。

いっぱい、いっぱい・・・ウイリアムをなでながら、お話してくれました。

そして・・・

「ヨーキーちゃん、ヨーキーちゃん・・・。絶対、元気になるんだよ・・・。」

「ヨーキーちゃん、ヨーキーちゃん・・・。大丈夫、大丈夫だからね。絶対、絶対、元気になるんだよ・・・。頑張るんだよ…」

「ヨーキーちゃん、ヨーキーちゃん・・・病気になんか負けないでね…負けちゃだめだよ・・・。」

「ヨーキーちゃん、ヨーキーちゃん、元気になるよう祈っているからね…」

・・・・って何度も、何度もウイリアムに話しかけてくれた少女・・・。
ウイリアムへの話しかけ方やナデ方のやさしいしぐさ・・・。
まっすぐで・・・一点の曇りもない、キラキラと光るきれいな瞳の少女の気持ちに・・・胸がいっぱいに・・・。

あ!子供ちゃんが苦手なウイリアムの様子といえば・・・

不思議ですね・・・。この少女には、まったくワンワンすることなく、ジ〜ッと少女のお顔を見つめ話を聞いていました。

自分のことを話しているんだな・・って、自分にエールを送ってくれているんだな〜って、きっと理解していたのだと思います・・・。

ありがとうね・・・本当に・・・ほんとうにありがとう〜・・・。ウイリアムは頑張るからね・・・。ありがとう〜。ありがとう・・・。元気をたくさんもらったよ・・・。ありがとう・・・ありがとうね・・・。

この日のことは、忘れたくないのでカキカキしておきます。

ニックネーム piki&william at 19:03| 日記 | 更新情報をチェックする